ライフハック

老化を治す方法【食事・運動・サウナが効果的】老化を治す薬もあるらしい?

 

人間の人生の大半は自由だけれど、"老化"だけは防ぐことができない!

 

しかし近年の研究結果で老化を治す】方法があるというらしいので、調べてみました。

(老化を遅らせるではなく、治す)

 

ぼくは専門家でもなんでもないけれど、一般の人よりは"老化"や"健康"に対する知識はあるので、皆さんにもシェアしていきます。

 

yasu
誰にでも簡単にできる、日常のちょっとした工夫であなたの"老化"を治して、いつまでも元気に生活できますよ。

 

✔本記事の内容

・老化を治す方法【食事・運動・サウナが効果的】(遅らせるのではなく、治す!)

・老化のメカニズムと老化が原因でおこる病気【ガン・糖尿病・心臓病】

・日常に潜んでいる老化を進行させてしまう要因【タバコ・加工肉・白砂糖】

・おまけ 老化を治す薬もあるらしい【自己責任でお願いします】

 

老化を治す方法【食事・運動・サウナが効果的】(遅らせるのではなく、治す!)

 

 

さて、本題に入っていきます。

 

みなさんが知りたいのは『どうしたら老化を治すことができるの?』という疑問を、【今日からでも誰にでも簡単にできる"老化を治す方法3選"】を紹介していきます。

 

老化の一番の原因は食事【老化を治したいなら食事から改善していこう】

 

老化の一番の原因は毎日の食事にあります。

 

人間が生きていくために食べることは欠かせないですが、現在の多くの人々は『過食』状態にあるともいえます。

 

日本でも第2次世界大戦が終わるころまでは、満足に食べることもできない人が多く存在していました。

 

当時は「白米をおなか一杯食べるのが夢」などという人も。

 

現在、長生きしている人(80歳以上)が多いのは、空腹のときも多く、食事をおなか一杯食べることがなかったからだともいえます。

 

しかし、戦争が終わり高度経済成長期に入り、状況は一変します。

 

国民のだれでも定期的な仕事にありつくことができ、好きなものをお腹いっぱい食べれる生活へと変わりました。

 

その後、国民病ともいわれる"生活習慣病"・"ガン"・"脳卒中"が増えてきており、明らかに【過食】が原因でしょう。

 

おいしいけれど身体に悪い食べ物って多いですね。

 

食べたいけれど老化を進行させてしまう食べ物は、第3章の【日常に潜んでいる老化を進行させてしまう要因】で詳しく解説します。

 

老化を治す食べ方の結論は

 

老化を治す食事の方法

・おなかがすいている状態を作り出す(1日1食がベスト)
・動物性の食品よりも、植物性の方がいい(穀物・野菜・果物・大豆・ナッツ・キノコ・海藻など)
・揚げ物・加工食品・ケーキなどはできるだけ避ける

 

植物性由来の食べ物⇊

 

・穀物…米、雑穀、麦
・野菜…根菜、葉菜、果菜など
・豆…大豆、小豆などのほか、豆腐、豆乳、納豆、きな粉などの加工品も含む
・ナッツ…アーモンド、クルミなど
・果実…くだもの、ドライフルーツ、フルーツジュースなど
・キノコ…シメジ、マイタケ、エノキなど
・海藻…ヒジキ、昆布、ワカメなど

 

1日15分の運動で若返る!【激しい運動は禁物、ジョギングがベスト】

 

老化を治すためには、運動も必要不可欠です。

 

運動といっても15~20分くらいのジョギング(翌日に筋肉痛が残るのはあまりよくない)で十分です。

 

このくらいなら通勤や通学で歩くので、これで十分でしょう。

 

できれば休みの日も同じくらいの時間を、ジョギングにあてるのがベストです。

 

これよりも長い時間ジョギングしても"老化を治す"には効果はありません。

 

あくまでも【軽い運動を毎日続ける】ことが一番重要になります。

 

老化を治す運動

軽いジョギングを1日15~20分のみ(時間ではなく頻度が重要=毎日続ける)

 

サウナの驚くべき効果とは?【急激な温度変化により免疫が強化される】

 

あなたの周りにもよくサウナ通いの人がいると思いますが、実は"老化を治す"ということに絶大な効果を発揮することをご存知でしたか?

 

サウナに入り体温を上げることで、交感神経が活発になり心拍数があがって発汗作用が起こる

その後、しばらくすると熱になれ副交感神経の働きで血管が開いて血圧が下がる

血管が開くことにより、心臓に負担をかけずに血流が良くなる

血流が良くなると体の隅々まで酸素や栄養が運ばれ代謝があがり、さらに血管や内臓・脳の機能が回復する

 

大量の汗をかくことによって、体内にたまった老廃物・疲労物質・シミの元になるメラニン色素が排出され体調改善のほか、肌荒れや便秘の改善にもなります。

 

さらに発汗組織の機能回復にもなり、夏バテ・熱中症・冷え性にも効果抜群です。

 

他にも【サウナで得られる効果は多い】ので、箇条書きにしていきます。

 

・HSP(ヒートショックプロテイン)が増加することで、細胞修復・免疫増強作用・抗炎症作用が高まり、疲労回復・美容・アレルギー改善に役立つ

・さらに継続的にサウナに入るだけで、脂肪が燃えやすい体質になりダイエット効果もある

・サウナの後に水風呂に入る温冷刺激により、交感神経と副交感神経の働きが活発になり、自律神経が整う

・自律神経が整うと、動悸・息切れ・めまいなどの症状が改善される

・入浴時の水圧や運動時の筋肉疲労もなく効果が得られる=乳酸を血流で流し、筋肉のコリを解消し疲労を回復する

 

サウナに入ることで得られる効果はかなり多いですね。

 

毎日サウナに入るだけで若返るなら、毎日入りたいですね(^^♪

 

くれぐれも、心臓の弱い方や脱水症状には注意してください!

 

サウナで期待できる効果⇊

 

・肩こり、腰痛の改善
・肌荒れ、ニキビ、シミの改善
・むくみの改善
・免疫力アップ
・冷え性の改善
・ダイエット効果
・血圧の低下

 

老化のメカニズムと老化が原因でおこる病気【ガン・糖尿病・心臓病など】

 

 

現代人が最も恐れている病気の【ガン・糖尿病・心臓病】などは、老化が原因でおこる病気です。

 

ここで勘違いしてほしくないのは【加齢ではなく老化】が引き起こす病気であり、高齢の方でも一切病気はせず健康な方も大勢います。

 

上の項で説明した【老化を治す方法】を実践すれば、病気とは一切無縁な人生を送ることができます。

 

年齢を重ねても健康でいたいなら、今日から少しずつでも生活習慣を変えていきましょう。

 

病気は【加齢】ではなく、【老化】が原因で起こる

 

日常に潜んでいる老化を進行させてしまう要因【タバコ・加工肉・白米など】

 

 

では、日常で何気なくやっていることで、知らない間に老化を進行させてしまっている要因について解説していきます。

 

タバコは百害あって一利なし【今すぐに辞めるべき】

 

たばこの害は昔から言われているので、最近では喫煙者が年々減っています。

 

海外ではタバコのパッケージに、喫煙により引き起こされたがん患者の写真や、肺や臓器のレントゲン写真をのせています。

 

さらに年々上がっているものの、日本は先進国の中でもタバコ値段が安いので(ヨーロッパやオーストラリア・アメリカなどは1箱1000円以上する)、喫煙者にとっては天国のようでしょう。

 

しかし、【タバコは百害あって一利なし】ともいわれているように、吸っていてもいいことは何ひとつありません。

 

健康に長生きしたいのなら、今すぐにやめましょう!

 

【タバコは百害あって一利なし】なので、健康に長生きしたいのなら絶対にやめるべき!

 

加工肉【ベーコン・ソーセージ・ハムは危険!】

 

加工肉の危険性も以前から言われてきています。

 

確かにこれらの食べ物はぼくも大好きです!

 

しかし、食品には長く保存するための保存料など、身体の毒と言われている調味料が多く含まれているので、老化の原因にもなりさらにがんや脳卒中などの病気にもかかりやすくなります。

 

他にも加工食品(冷凍食品・インスタント食品・お弁当)などにも注意必要です。

 

心配な人は食材を買ってきて自分で調理すれば、安心して食べることができ、さらに老化を治すこともできます。

 

【ベーコン・ハム・ソーセージ】は危険
加工食品もできるだけ避けるべき

 

白い食品【白米・うどん・食パン・白砂糖はできるだけ食べない】

 

白い食品というのは、【白米・うどん・食パン】などのことを指します。

 

日本人は食材を大切にする文化があり、特にご飯(白米)に関しては、一粒も残すな!と言われて育ってきました。

 

しかし、最近の研究結果で明らかになったことは、『実は白米は身体に悪い』という事です。

 

こんなエピソードもあります。

以前、雑穀を精米させる技術が発達し、主食はこれまでの雑穀米から白米に変わった

庶民でも白米を食べれるようになり、多くの人は喜んでお腹いっぱい食べるようになる

しかし、それと同時に『脚気』という病気が流行し始めた

脚気という病気はビタミンB1が欠損しておこる病気で、心不全や末梢神経障害をきたす病気である

雑穀を精米する技術を得たことで、雑穀米に含まれているビタミンB1を摂取できなくなってしまった

当時は貧しく食卓に並ぶのは、白米と漬物と具の無い味噌汁くらいしかなかった

今なら他の食材からビタミンB1簡単に摂取できるが、当時は雑穀米から取るしか方法はなかったのである

現在ではおなか一杯食べれればいいという人は少なく、好きなものを腹いっぱい食べないと気が済まない人が多い

要するに、白米は栄養がないということ!

 

それはもちろんご飯を食べるなという事ではなく、白米ではなく玄米や雑穀米・そば・全粒粉パンなどを食べ、基礎栄養素(ビタミンやミネラル)を摂取するように心がけましょう。

 

食べ方にも一工夫を

 

・揚げ物、焼き物などには酢やレモンをちょい足し
・メインにはカルノシン豊富な鶏むね肉を
・サプリやキノコ類でビタミンBをとる
・αリポ酸を含む緑黄色野菜をとる
・果物はジュースではなく、少量を丸ごと
・炭水化物にはオリーブオイルをプラス
・お酒は抗糖化、抗酸化作用のある赤ワインを

 

白い食品は栄養がないので、玄米・そば・全粒粉パンなどから基礎栄養素を摂取しよう

 

おまけ 老化を治す薬もあるらしい?【自己責任でお願いします】

 

 

第二型糖尿病の患者に処方される薬【メトホルミン】は、若返りの効果があるといわれています。

 

しかし、病院で処方してもらうのは困難なため、現在市販されているNMNというサプリメントを紹介します。
(調べてみたところ、ネットで海外から簡単に購入できるそうです…あくまでも自己責任でお願いします。)

 

現在では老化を治す薬のNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)という薬が市販されています。

 

NMNは老化に伴って働きが弱まるミトコンドリアを活性化し、NMNを補充することによりエネルギー生成を促進できると言われています。

 

さらに、サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)というのもあり、摂取カロリーを制限し体が飢餓状態に入ると活性化し、細胞の新陳代謝が上がり若返るという訳です。

 

うれしいことに最近の研究結果で明らかになったことは、このNMNは皆さんがいつも食べている食品にも含まれているという事です!

 

ワシントン大学医学部 今井眞一郎教授曰く

・野菜やフルーツに多い

・芽のために栄養価を貯めている部分に多く含まれる

・枝豆やアボカドは確実に多い

・逆に牛肉やシーフードにはほとんどない

 

参考記事はこちら➔若返り薬「NMN」が、超高齢化の日本を救う

 

気になる人はアマゾンで調べてみるのもいいかもしれません。

 

値段はけっこうするので、本気で若返りたい人やお金に余裕がある人は、試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

老化を治す方法について説明しました。

 

もう一度まとめてみると

 

老化を治す方法

・おなかがすいている状態を作り出す
・動物性よりも植物性の食材を、必要な分だけ食べる
・ベーコン、ソーセージ、白米、白砂糖、加工食品、タバコは避ける
・毎日15分程度の軽いジョギングが効果的
・サウナに入ることでメリットがいっぱい
・老化を治す薬もあるが高い

 

老化は人間最大の悩みなので、解決できる未来が待ち遠しいですね。

 

-ライフハック

© 2021 Yasu life Powered by AFFINGER5