ライフハック

令和の時代の新しい価値観と生き方【月5万円生活とは?】

 

 

モアイ
この前テレビで月5万円で生活している人を見たんだけれど、それって本当にできるの?

 

現在ぼくも月5万円で暮らしているので、その内訳を紹介します。
yasu

 

 

タイのチェンマイでの月5万円生活の記事はこちら⇊

 

チェンマイ月5万円生活【実際にやってみて使ったお金の詳細も紹介】

 

令和の時代の新しい価値観と生き方

 

 

以前はお金を稼いで使うことが生きがいだった

 

日本も以前は景気が良く、お金をいっぱい稼ぎいっぱい使うという事が国民の生きがいでした。

 

しかし、バブル経済の崩壊と共に労働賃金は下がっており、最近では日本を代表する大手企業でも早期退職募集やリストラなどもあります。

 

要するにお金をいっぱい稼げなくなってきたのです。

 

さらに、定年まで会社で仕事するだけの人生に、疑問の感じている人も増えてきています。

 

最近は最低限のお金を稼ぎ、自分の好きなことに時間を使う人が増えつつある

 

今の若い人は将来に希望が見いだせないので、会社に就職することをあきらめ、バイトなどで最低限生活できるお金だけを稼ぎ、のんびりと暮らしている人増えてきました。

 

頑張って就職活動をして大企業に入ったとしても、定年まで働ける保証はどこにもなく、さらに給料も上がっていくのかという不安もあるでしょう。

 

それならお金持ちになることは諦め、お金は少しだけ稼いで、好きなことをやって自由にくらしたほうがいいですね。

 

次の章で、日本でも月5万円の収入で暮らしていける方法を説明します。

 

【朗報】日本でも月5万円で暮らせます

 

 

 

多くの人は月5万円で生活するのはムリだと思っていますが、実際にやっている人は大勢います。

 

ここでは日本で、月5万で生活する方法を紹介します。

 

月5万円で暮らす方法を紹介【家賃を極力下げると余裕が生まれる】

 

まずは、一番お金のかかる家賃をできるだけ下げていきましょう。

 

大分県には月1万円以下で暮らせるアパートもあるらしいですが、入居時の敷金・礼金、さらに光熱費や家具家電、最低限の生活用品が必要になるので、ぼくはおすすめしません。

 

おすすめはリゾートバイトです。

 

リゾートバイトとは、全国のホテルや温泉地など、従業員が集まりにくいところでの、住み込みの仕事になります。

 

うれしいことに家賃・光熱費は無料のところも多く、さらに食費支給・現地までの往復交通費支給など、うれしい特典が盛りだくさんです。

 

でも1つだけ残念なことがあります。

 

それは、仕事は基本的にフルタイム(月に160時間~)で、場所によっては残業もあるところや・早朝勤務・深夜勤務・中抜け勤務など生活リズムが不規則になることもあります。

 

しかし、お金を貯めたいという人にはベストな選択でしょう。

 

住み込みのリゾバなら高時給のアルファリゾート

 

住み込みで一気に稼ぐ【季節労働がおすすめ】

 

月5万円で生活できるなら、60万円あれば1年間仕事をしないで暮らすことも可能ですね。

(実際には100万円くらいあると、緊急時にも安心)

 

それなら住み込みで一気お金を稼ぎ、残りの期間はのんびりと暮らすなり旅行するなり、自由に時間を使えます。

 

ぼくのおすすめは農業の季節労働です。

 

住み込みの農業求人

 

肉体労働が嫌なら、夏の海の家や冬のスキー場など、季節労働は毎年必ず募集しているので、気になる方はシーズンの始まる1か月前くらいにチェックしていおくといいでしょう。

 

ネットを使って副業で稼ぐ【初心者でもやる気があれば月5万円は簡単!】

 

最近ではネットを使った副業が増えてきましたね。

 

初心者でも簡単にできるのが、ライティング・自己アフィリエイト・ウーバーイーツなどが手軽に初月から稼げます。

 

ライティングとは、ネット上のニュース記事や商品紹介記事などを書く仕事です。

 

初心者でも簡単に仕事をする事ができ、しかも経験を積むことによりスキルアップでき、ライティングだけで月に100万円以上稼いでいる人もいるので、未来につながる仕事です。

 

ライティングならクラウディア

 

自己アフィリエイトとは、クレジットカードの申し込みや・資料請求・口座開設などで、お金を稼ぐ方法です。

 

長期的に稼ぐことは不可能で、全て1回きりなので、継続的にお金を稼ぐことはできません。

 

自己アフィリエイトなら国内最大手のA8.net

 

ウーバーイーツは皆さんがご存知の通り、飲食店から受け取った商品を運ぶ仕事ですが、最近ではウーバータクシーも東京で始まっており、参入者も増えてきています。

 

多い人では月に40万円以上稼ぐ人もいますが、報酬は時間に比例するので、バイトと変わりはありません。

 

しかし、いつでも仕事ができ、服装自由・上司いない・自転車で簡単にできるので、魅力は多いです。

 

ウーバーイーツの登録はこちらから

 

ぼくの月5万円の生活費の内訳【家賃と食費を極限まで減らす】

 

 

 

ぼくは今宮古島で月5万円で生活していますが、その内訳を特別に紹介します。

 

https://twitter.com/Yasu843/status/1312978857629155328?s=20

 

 

家賃は住み込みで、一軒家の1部屋を借りています。

 

もちろんキッチン(使うことはない)・風呂・トイレは共同ですが、個室なのでプライベートは確保できます。

 

さらに車を無料で貸してくれるので、ガソリン代(月に5千円)のみで、島内の日本で有名なビーチに行き放題です。

 

食費に関しては職場が居酒屋なので、まかないを自分で好きなものを買ってきて好きなだけ食べれるので、朝飲むコーヒーとおやつくらいしかお金はかかりません。

 

あとはブログを書くためにコワーキングを借りているので、それに月2万2千円かかるくらいです。

 

もしコワーキングを借りていなかったら、月に3万円で生活できるとは驚きですね!

 

スマホはもちろんMVNO(格安シム)で月に3千円、あとはサブスク(YouTube Premium・NETFLIX・ブログコミュニティなど)3千円、あとはシャンプーなどの雑費も3千円くらいですね。

 

たまに本を買ったり、飲みに行ったりもしますが、月に5千円あれば足りています。

 

仕事は夕方からなので、日中はブログを書いたりしてのんびりと過ごしてます

 

まとめ

 

最近では価値観の多様化により、お金を持っているからといって幸せとは限らないですよね。

 

逆に自由な時間がいっぱいあるほうが、お金がなくても幸せな感じがするのは、ぼくだけでしょうか?

 

-ライフハック

© 2021 Yasu life Powered by AFFINGER5