ライフハック

いつかやろうとしている事は絶対にできない【いつかという日は永遠に来ない話】

 

悩んでいる人
いつか時間ができたら、海外旅行に行きたいなあ。

 

こういう【いつか】という日は永遠に来ないので、結局できなくて終わってしまします。
yasu

 

 

結論:【いつか】という日は永遠に来ないので、今から少しずつでも実際に行動に移すべき!

 

では、その理由を解説していきます。

 

いつかやろうとしている事は絶対にできない

 

 

暇になることは永遠にない

 

世の中で多いのが『いつか時間ができたら海外旅行してみたい』とか『もっと時間があったら、好きな映画を片っ端から見るのになぁ』という意見です。

 

このような人は、永遠にこの目標を達成できません。

 

暇になるという事は、土日や大型連休の事でしょうか。

 

そういう人に限って、時間ができてもやらないことが多い

 

そのような人に多いのが、せっかく時間ができても何かと言い訳をつけて(今日は友達と飲みに行く・寝不足で付かれている)、結局はやらないというケースです。

 

本気でやりたいことなら、いくら疲れていても時間がなくても、なんとか【行動・実行に移す】でしょうし、休みの日には真っ先に取り組むでしょう。

 

本気でやりたいなら、今日から実行または計画を立てるべきです。

 

多忙の人の方が、時間の使い方がうまい理由

 

世の中には忙しいけれど、やりたいことを全部やっている人がいますよね。

 

例えばホリエモンなんかそうですね。

 

彼はいくつもの事業を抱え、YouTubeやメルマガも配信し、SNSも毎日欠かさずチェックし、さらに自分のやりたいことを好きなだけやっています。

 

しかも、寝る前にはネットフリックスで韓流ドラマを見る余裕まであります。

 

では、なぜ彼は時間の使い方がうまいのでしょうか?

 

詳しく説明していきます。

 

忙しい人のための、時間の作り方

 

 

 

この章では、毎日忙しく働いている人の為の【時間の作り方】を解説していきます。

 

スキマ時間を有効活用

 

スキマ時間というのは、移動時間や何かの待ち時間などのちょっとした時間のことを指します。

 

あなたは、この時間に何をしていますか?

 

メールチェック?ゲーム?Twitterを見る?

 

何気なく使っているこの時間も、1日24時間のうちに入っているので、計画的に使って行きましょう。

 

スキマ時間の有効な使い方

・1~5分      SNSチェック
・5~10分  メールに目を通し、返信する
・10~30分 ブログや執筆作業

 

やりたいことを一番最初にやる

 

本気でやりたいことがあるなら、朝一に持ってきましょう

 

例えば、ブログを書くことやYouTubeを始める、資格取得の勉強をするなど。

 

朝早く起きるのは大変ですが、あなたの【やりたいこと】なら、絶対に起きれるはずですよね。

 

もし起きれないなら、一生かかってもできませんよ。

 

自分以外の人でもできることは外注

 

お金持ちの人はなぜ、家政婦や運転手を雇っているのだと思いますか?

 

正解は、自分の時間を作るためですね。

 

お金持ちでなくても、時間がほしい人は家事代行を使い買い物や掃除をお金を払ってやってもらったり、タクシーで移動中に仕事をしている人は多いと思います。

 

この応用を仕事にも活用するといいでしょう。

 

後輩や部下に任せられるところはどんどんやってもらい、あなたは自分しかできないことに集中するという事ですね。

 

部下は仕事を任せられることでやる気が出るし、経験も積むので成長が早くなり、一石二鳥です。

 

もちろん力量が足りなく失敗することもあるので、あなたの判断が必要ですが…

 

ブログを書きたくて寿司屋を辞めたぼくの例

 

ここで、ぼくがブログを書くために寿司屋を辞めたお話をします。

 

ぼくは以前には寿司屋で1日15時間も働いていました。

 

その時からブログを書いて生活するというのが夢だったのですが、家に帰って寝て翌朝また職場に行くので精いっぱいでした。

 

また休みの日も、日頃の睡眠不足と疲労で、1日中寝ていることもありました。

 

このままでは、一生ブログを書いて生活するという夢は叶えられないと思い、「海外で働くという夢を捨て」、寿司屋を退職しました。

 

要するに、ブログを書いて生活するというほうが優先度が高かったという訳ですね。

 

【忙しい】という言葉は結局は甘えです

 

 

 

いつも口癖で『忙しい、忙しい』と言っている人がいますが、結局はその人はそこまでの人という事になりますね。

 

毎日同じことをやっているのに少しも効率化されて早くならず、やっている本人も「明日は1分でも早く終わらせよう」という考えがないのでしょう。

 

単純作業をやっているときほど、やる気があるかないのか、判断できます。

 

向上心がある人は、今やっている作業を「1分でも早く終わらせる」「いかに楽に終わらせる」「どうしたらやらなくて済むようになるのか」を考えながらいつもやっています。

 

一方でやる気がない人というのは、「忙しいなあ」「めんどくさいなあ」「早く終わらないかなあ」などと愚痴を言うだけで、根本的な解決にはなっていません。

 

こういう人は死ぬまで単純作業をして、細々と暮らしていることが目に見えています。

 

世の中って面白いですね。

 

誰にでもできる仕事を観察することで、将来のダイヤの化石が見つかるから。

 

最後に名言を書いて終わりにします

 

マンガカイジに出てくる大槻班長が言っていた、ぼくが大好きな名言です。

 

明日からがんばるんじゃない…今日…今日だけがんばるんだ…!

今日をがんばったもの…今日をがんばり始めた者にのみ…明日が来るんだよ…!

 

 

-ライフハック

© 2021 Yasu life Powered by AFFINGER5